わかばやし歯科医院

電話アイコン電話する アクセス

大ごとにならないうちに抜きましょう!

Q.頬が腫れるほど悪化することって、話しには聞きますけどめったにないですよね?
A.体力が落ちたりストレスがかかったとき、急に腫れてしまうケースってけっこう多いんです。受験、就活、仕事の大一番、妊娠中など、人生の大事な場面で起こりがちです。
また、親知らずのせいで習慣的な噛みキズができて潰瘍をつくってしまうことも。抜歯の先送りはやめましょう。 問題含みの親知らずが引き起こす...

続きを読む

なぜ放っておくとよくないの⁇

問題のある親知らずはトラブルの温床。
歯ぐきが腫れてうずくだけではありません。一生使う歯を失うこともあるんです。放置しないで抜きましょう!!   Q   抜くようすすめられている親知らずがじつはあるんですけど、疲れると歯ぐきがうずく程度。なので抜くのはもう少し先にと思っています。 A   疲れた時にうずくというのは、慢性的な炎症があるサイン。このまま放置しても治ることはありま...

続きを読む

定期的に粘膜も見てもらいましょう!

口腔がんの早期発見にとって、もっとも重要で効果的な方法。それは、信頼できるかかりつけの歯科医院をもち、定期的にチェックを受けることです。🔍 なぜなら、ふだんの健康なお口を継続的・定点的に診てもらうことで、変化に気づき、変化の要因を推測してもらいやすいからです。
はじめての歯科医院に急患でかかったとき、もしも歯ぐきが赤く腫れていたら、まず疑われるのはおそらくむし歯か歯周病...

続きを読む

粘膜の病理検査をもっと身近に!

さまざまな粘膜の病気とまぎれやすい口腔がん。良性なのか否かを鑑別するには、病理検査(細胞診検査や組織診検査)が必須です。気になる病変が見つかったときは、紹介された病院で検査を受けましょう! Q.口腔がんってほんとうに分かりにくいのですね。
粘膜になにかできて心配なときはどうすればよいのでしょ
う? A.まずその病変が良性なのかそうではないのかを鑑別しなけれ

口腔がんの見分けにくさ。発がん過程も一因です。   

口腔がんの見分けにくさの一因になっているのが、発がん過程の複雑さです。
例えば子宮頸がんの発がん過程と比べてみましょう。 口腔がんは、「お口の粘膜」という、皆さんが普段観察し慣れていないところにできます。とはいえ胃や腸の中と違って、見ようと思えば見える場所。なのに、何で「口腔がんは見つけにくい」と言われてしまうのでしょうか。
その原因としては、さまざまな良性の病気と見た目が...

続きを読む

良性?それとも?それが問題だ!

粘膜の病気のなかでも、もっとも心配で早期発見したいのが口腔がん。でも、がんも良性の白板症も、みな見た目が似かよっているので視診で鑑別するのは、じつは口腔がんの治療のプロでも難しいんです。 口腔がんは「見つけにくい」とよく言われます。しかし、それは本当でしょうか。本当ならば、なぜ見つけにくいのでしょうか。 まず、これはすべてのがんに言えることですが、初期には痛みなどの自覚症状がありません。 これにら...

続きを読む

お口の粘膜の病気、じつは自分では気づきにくい?

こんにちは!院長の若林です。今回はお口の粘膜の病気についてお話ししたいと思います。自分のお口の中をすみずみまで観察するってすごく難しいですよね!粘膜の病気は多種多様。しかも最近増加傾向にあることご存知ですか?
以前タレントさんの口腔がんの報道などに触れ、お口の粘膜の健康状態が気がかりな方が増えていると思います。ただ、「そうは言っても、めずらしい病気だし」「異常があれば自分で気づくだろう...

続きを読む

再石灰化で結晶はどうなる?

Q
むし歯や酸蝕症ではほんとに歯が溶けていっちゃうんですね。怖いなあ。
となると、歯を修復する再石灰化は、どんなふうに見えるんでしょうか?
A
再石灰化が起こると脱灰により溶けたハイドロキシアパタイトの結晶が修復・再生されていきます。 再石灰化で結晶が修復・再生されていく。 唾液には、脱灰で溶け出た歯の成分(カルシウムやリン酸)が含まれており、唾液に...

続きを読む

酸蝕症で歯はどうなる⁇

酸蝕症って何⁇
 細菌のつくる酸ではなく、飲食物の酸などで歯が溶ける現象を酸蝕症といいます。酸性度の強い飲食物を長期間摂取しているかたなどに見られます。 ○表面からそのまま溶けていく酸蝕症
 スポーツドリンクな酢、炭酸飲料やワインなど、酸性の飲食物を長期的に過剰に摂取したときに起こるのが酸蝕症です。飲食物の酸では、歯はどのように溶けるのでしょう?
 エナメル質の...

続きを読む

脱灰で象牙質はどうなる?

象牙質の脱灰のしかたは、エナメル質とは異なります。健全な状態の象牙質では、スパゲティのように折り重なったコラーゲン線維のまわりに、ハイドロキシアパタイトの結晶が付着しています。🍝
それが細菌などの酸にさらされ続けると、結晶が溶け、線維も壊れていきます。このとき結晶は酸により溶けますが、線維は酸ではなく、たんぱく分解酵素により破壊されます。この酵素はもともと象牙質のなかに...

続きを読む

1 2 3 4 5 6 16

最近の投稿

月別アーカイブ