わかばやし歯科医院

電話する WEB予約(初診のみ)

定期検診とフッ素で進行抑制と予防を‼️

こんにちは😃院長の若林です。毎日寒い日が続きますね。引き続き感染症対策を徹底し、明るい春が迎えられるように🌸
さて今回は管理の難しい根面のむし歯のお話です🦷
根面のむし歯の進行抑制と予防には、歯科の定期受診が欠かせません。最初期の発見は難しいとはいえ、定期的に受診して頂ければそれだけむし歯を早期に発見できる可能性が高まります。...

続きを読む

根面の虫歯が厄介な6つの理由

根面の虫歯になぜ歯科が頭を悩ませているのか。その理由をご説明しましょう。 1、早期の発見が非常に難しい 根面の象牙質はもともと黄みがかっていて、
できはじめの虫歯は色がうっすら変化する程度。専門家の目でも判別に苦労します。 2、自覚症状がほとんどない 根面の虫歯は「しみる」「痛い」といった自覚症状はほとんどありません。唇に隠れている位置にできるため鏡でも見にくく虫歯になっていることに気...

続きを読む

象牙質は酸に弱いから…

Q.根面虫歯ですか!でも、私は今までどおり歯を磨いていて、間食が増えたわけでもないのになぜ虫歯になってしまったんでしょう? A.歯の根の象牙質は歯の噛むところのエナメル質よりも酸に弱いのです。
ですから、虫歯菌の出す酸に弱くエナメル質が溶けないような酸性度でも溶けてしまいます。歯の噛むところがキレイなまま露出した根が虫歯になるのはこれが理由です。 《組成的に酸に弱い象牙質》

えっ、歯の根元にむし歯が?!

歯ぐきが下がって露出した歯の根にできるむし歯。
これがいま、多くのシニア世代のお口で問題となっているのです。 Q ひさしぶりに歯医者さんに行ったら、歯ぐきが下がったところにむし歯ができていました。こんなところにむし歯ができるなんて想像もしませんでした……。 A むし歯というと歯の噛むところにできると思われがちですが、歯ぐきが下がり、露出した歯の根にできるむし歯もあります。「根面う...

続きを読む

訪問診療のギモンにお答え!

Q訪問診療をお願いするときどんなことを聞かれますか?
Aお聞きするのは、おもに次のようなことです。
・患者さんのお名前、住所、電話番号
・痛みや不具合のあるところ
・通院が困難な理由(病名)など
・要介護認定を受けているか(要介護認定を受けている場合は、担当のケアマネージャーの連絡先)
・持病の種類、処方されているお薬、肝炎な...

続きを読む

丈夫で美しいいまどきのフルジルコニア🦷

ジルコニアって硬すぎで噛み合う歯に悪いとか全然透けないからつくりものっぽい歯になってしまうとかって以前ネットで見ましたが最近は違うんですか?? ⇩ ジルコニアの被せ物はむしろ、他の材料よりも周りの歯への偽害性が少ないことが明らかになっています。また透光性のあるジルコニアが開発されたことで、もとからの長所である耐久性に加え審美性も待ち合わせたいいとこ取りが実現しています。 ...

続きを読む

どんな治療をしてもらえるの⁉

歯科医院の「外」で行う訪問診療。設備や環境の違いはありますが、受けられる治療の種類は、歯科医院とほぼ変わりません。 入れ歯のご相談が一番多いです。
訪問診療でも、歯科医院とほぼ同じ種類の治療が受けられます。一番ニーズが多いのは入れ歯関連で、入れ歯が割れた、人工歯が抜けた、入れ歯が合わなくなって食べられないといったご相談をよく受けます。
また、ご家族や介護士さんの歯磨きでは、...

続きを読む

歯医者さんがあなたのもとへ。

医科の往診は昔から知られていますが、歯科も訪問診療を、行っているんです。通院がこんな方は、ぜひご相談ください。 通えなくなった患者さんの元へ。 厚生労働省によれば、要介護(要支援)認定を受けている方は数は、2019年3月時点で658万人。75歳以上の後期高齢者の増加とともに、2014年には950万人を超えると予測されています。ですが一方、歯科受信率は75〜79歳をピークにその後急速に...

続きを読む

歯周病の治療と予防でスローブレインエイジング‼︎

こんにちは‼︎院長の若林です。今回は歯周病の治療と老化に関してのお話をさせて頂きたいと思います。
まず初めに歯周病は痛みの出にくい病気です。気づかぬうちに進行していることが多いです💦認知症を防ぐ為に歯科で歯周病の治療と予防を受けましょう👍
さてさっそくですが、みなさん歯周病の治療や予防メインテナンスを受けていますか?歯周病は痛み...

続きを読む

歯周病菌がアミロイドβを脳内へと誘導⁈

歯茎で作られたアミロイドβ。しかし、なぜこれが脳内に溜まるのか?なんとこれもpg菌の仕業だということがわかりました。
「歯茎でできた老人斑アミロイドβがなぜ脳に入り込んで溜まるのか」は研究者にとっても大きな謎でした。なぜなら脳には「血液脳関門」という門番のように働く脳血管の機構があり、血液中の異物が入り込めないからです。
この血管は細菌などが触れても容易に壊れるようなもので...

続きを読む

1 2 3 4 5 18

最近の投稿

月別アーカイブ