わかばやし歯科医院

電話アイコン電話する アクセス

インプラントとは インプラントとは

インプラントインプラント治療とは、むし歯や歯周病の進行、打撲などの外傷のほか、先天的な原因などにより歯を失った場合に、歯が抜け落ちたところの歯槽骨にインプラントと呼ばれるチタン製の歯根に人工の歯を埋め込む治療法です。
インプラント治療は、なくなった歯が一本の場合から、すべてなくなった場合まで有効です。

インプラントのメリット

インプラントに使われるチタンは、アレルギーも少なく、かみ合わせに耐えられる強度があります。チタンと骨が結合するのでしっかりと固定することができ、治療後は違和感がないため、天然の歯と変わらないかみ合わせを実現できます。

また、残っている他の歯を削ったり、装置をつけたりすることもありません。他の歯に負担をかけずに治療ができるのです。

他の治療法との違い

インプラント
インプラント

歯が抜け落ちたところの歯槽骨にインプラントと呼ばれるチタン製の歯根に人工の歯を埋め込む治療法です。

【メリット】・保険適用で治療費を抑えられる・天然の歯に近い使用感で、違和感が少ない
【デメリット】・健康な歯を削る必要がある・削った歯がむし歯や歯周病になるリスクが高まる

ブリッジ
ブリッジ

歯が抜け落ちたところの歯槽骨にインプラントと呼ばれるチタン製の歯根に人工の歯を埋め込む治療法です。

【メリット】・保険適用で治療費を抑えられる・天然の歯に近い使用感で、違和感が少ない
【デメリット】・健康な歯を削る必要がある・削った歯がむし歯や歯周病になるリスクが高まる

部分入れ歯
部分入れ歯

部分入れ歯とは、なくなった歯の隣の歯に金属などのばねをひっかけて固定する治療法です。

【メリット】・保険適用で治療費が抑えられる・条件が厳しくなく、多くの場合で治療が可能
【デメリット】・固定のばねが目立ち、見た目が悪い・装着に違和感があることが多い

総入れ歯
入れ歯

総入れ歯とは、歯が一本も残っていない場合の治療法です。プラスチックの土台に人工歯が固定されており、それを歯茎に装着します。

【メリット】・保険適用で治療費が抑えられる
【デメリット】・歯茎が痩せるため、数年ごとの作り替えが必要・装着の違和感、話しにくさがあることが多い

インプラント注意点 インプラント注意点

  • 麻酔が切れた時に痛みがでる事があります。痛みがでる前に処方された薬を服用してもかまいません。ただし、空腹時は避けて下さい。
  • 麻酔は1~3時間効いています。個人差がありますので、しびれた感じがとれてから食事をして下さい。
  • 麻酔でしびれた感じがする為、熱い飲み物は火傷をする可能性があります。また、唇や頬の粘膜を噛んでしまうと腫れてしまう事があるので注意して下さい。
  • 食事は刺激のある物、硬い物は避けて下さい。
  • 強いうがいはしないで下さい。
  • 術後半日~1日は唾液に血が混じります。特に出血がひどい時は10分くらいガーゼを噛んで止血して下さい。
  • 激しい運動、飲酒、長めの入浴(シャワー程度でお願いします)は避けて下さい。出血、痛みの原因になります。
  • 2,3日は腫れがでやすいです。腫れた時は、水で濡らしたタオルで冷やして下さい。氷で冷やすと痛みが増したり、内出血したりします。
  • 術部にはハブラシを当てないで下さい。術部以外は通常のブラッシングをして下さい。
  • 翌日から毎食後専用のうがい薬でうがいをして下さい。(イソジンは使用しないこと!)
  • 翌日、消毒に来ていただきます。
  • 縫合した糸は1週間~10日後に取ります。
  • 強い痛みや傷口から絶えず出血が続くようでしたら、遠慮なくご連絡下さい。