わかばやし歯科医院

電話する WEB予約(初診のみ)

スポーツ好きあるある!歯のトラブル&レスキュー💨

皆さんこんにちは😃理事長の若林です。今回はスポーツ好きの方に起きがちなむし歯や酸蝕症など…ジョギングやジム、部活やクラブで汗を流すスポーツ男子&女子の皆さんに歯を守る為のアドバイスを贈ります!
でわでわ、汗をかくスポーツに欠かせないのが水分。夏場のランニングやサッカーでは1時間で2リットル以上の汗をかくといいますから水分補給は死活問題です💦もうひ...

続きを読む

早めに受診した方が良い「歯のトラブル」

トラブル1 ◇ズキズキ痛む💥 歯が痛む理由の多くはむし歯ですが、ズキズキ痛む場合はかなりむし歯が進行しているサインです。しばらく我慢してたら痛みがなくなった…、こういった時も決して自然治癒したわけではなく、歯の神経が死んで痛みを感じなくなってしまったからです。早めに受診して、歯を温存する治療を早急に開始しましょう。 また、治療済みの歯が痛んでくるケースもありま...

続きを読む

見逃していませんか?舌の異常や不快感

👅良い舌の状態とは? ①舌の状態
適度な粘り気があり、薄く舌苔がついている。 ②舌の色
薄紅色で、鮮やかなピンク色。 ③舌の形や厚み
腫れぼったくなく、適度な厚みがある。 ④歯形の有無
舌の淵にギザギザとした歯形はついていない。 ⑤出す時の動き
スムーズに出し入れでき、伸ばした状態でキープできる。
震えや曲がる...

続きを読む

オーラルフレイルとは?

フレイルとは加齢とともに心や体の機能が低下している状態の事です。健康な状態と、人の手助けが必要な要支援・要介護の間にあり、多くのかたは健康な状態からフレイルを経て、介護状態へと至ります。またオーラルフレイルとは、お口のなか、舌、のど、あごの筋力が低下しはじめた状態の事を指します。 オーラルフレイルのサイン
・滑舌が悪くなった
・食事中にむせることが多くなった
・...

続きを読む

ご存知ですか?『お口の中も年をとる』ということ

年齢を重ねるにつれて、「体力がなくなった」「肌や髪のツヤが減った」など、老化のサインを感じることがあると思います。それと同時に、加齢に伴う身体の変化はお口の中でも起きているということをご存じでしょうか? そこで今回は『お口の中も年をとる』というテーマで、①歯並び ②歯の色 ③唾液の量 ④歯ぐきの4つの老化のサインについてお話しします。 老化のサイン①歯並び こんな変化はありませんか? 若い頃に比べ...

続きを読む

むし歯は早期発見・治療が大切!

◎『これってむし歯?』のサインを見逃さないで! 「歯がいたくなった…」「しみるようになった…」など、むし歯のサインはいろいろありますが、むし歯は早期発見・治療が大切です。
なぜなら、【治療する箇所が小さければ小さいほど治療期間は短いうえ、ご自身の歯を守りながら治療することができる】ためです。
そこで、今回は《虫歯になっているかもしれない時のサイン》についてお話しします。 &...

続きを読む

40代から衰えはじめる”飲み込む力”を鍛える方法

「食べ物や飲み物が誤って気管に入ってしまうことが最近多くなった…」ということはありませんか?頻繁にむせていまう場合、もしかすると”飲み込む力”が低下しているのかもしれません。そこで今回は、早い方では40代から衰えはじめる”飲み込む力”を鍛える方法についてご紹介します。 “飲み込む力”が衰えると?
飲み込む力が衰えた...

続きを読む

予防の仕方を教えてもらえる

歯磨きだって正しいフォームがある 歯磨きなんて、教えてもらわなくても大丈夫です。そう考える方もいらっしゃるかもしれないですね。ですが意外と奥が深いのが歯磨きです。人によって歯並びは千差万別、あごの大きさ、歯の重なり具合も違いますし、手先の器用さ、磨く時の癖、力の入れ具合も異なります。利に出来る側の歯の頬側に磨き残しが多かったり、奥歯の裏側にブラシが届いていなかったり。力が入りますすぎて歯茎...

続きを読む

“ご自身の口臭”気になりませんか?

マスクを着ける機会が多くなり、ご自身の口臭が気になっている方が増えています。 マスク着用で口臭が気になる理由! マスクをしていると吐いた息がマスクの内側にたまり、その息を直接鼻から吸い込むため、自分の息の臭いを感じやすくなります。また、マスクを着用することにストレスを感じていると唾液の分泌量が減り、お口の中の細菌が増加して口臭が強くなることもあります。しかし、私たちに口臭があるのは自...

続きを読む

どの歯が痛いか言い当てるのは難しい

 歯の痛みは口全体にひろがり、どの歯が痛いかは自分でさえわからなくなることがあります。  前歯ならどの歯がおかしいかあまり間違えることなく言い当てても、奥歯に行くほど正解率は低くなります。歯を刺激して、どの歯を触れたかを回答する実験を行ったところ、3~5本の範囲内の歯を回答して、とくに1歯前方の歯と間違えやすく、第二大臼歯(前から7本目の歯)ではその手前の第一大臼歯と勘違いする人のほうが正...

続きを読む

1 2 3 4 5 22

最近の投稿

月別アーカイブ