わかばやし歯科医院

電話アイコン電話する アクセス

脱灰でエナメル質はどうなる?

脱灰とは、細菌のつくる酸などにより、
「歯の成分が唾液中に溶け出してしまうこと」をいいます。 溶け出した歯の成分は、ふつうは唾液の作用により時間をかけて歯の中に戻っていく(=再石灰化)のですが、そのスピードはゆっくり。 溶け出す量(=脱灰)の方が多い状態が続くと、修復が間に合わず、やがては穴の開いた虫歯になります。 ...

続きを読む

食べる機能の診療広がっています。

歯科の領域である「食べる機能」を育てるノウハウが、
お子さんの食事に悩む親御さんの気持ちを少しでも軽くする
手助けになれば。
そんな子育て支援的な歯科診療に、保険が適用されるように
なりました! 食べる機能の専門家といえば歯科医師。
子どもの食に悩むご家庭が多いことを受け、一昨年から
「口腔機能発達不全症」の診療が保険適用にな...

続きを読む

モグモグ食べとかじり取りで大進歩!

前歯4本が生えると食べる機能の発達がさらに加速!モグモグと噛んで食べる力が身につきはじめます。「イヤイヤ」がはじまるのもこの頃からです。
離乳後期(9ヶ月~)
ハイハイで動き回って目がハナセナイこの時期、ついに下顎をモグモグ動かす「噛む」動きがはじまります。ただ、奥歯は生えていないので、本格的なカミカミはまだ先。あまり頑張らせないようにお願いします。
この時期は...

続きを読む

最初の一歩 離乳食が始まった!

子育てには悩みはつきもの。まして3度3度の食事のこととなると・・・。でも大丈夫。迷った時にはお子さんのお口の動きに教えてもらいましょう! *離乳食初期(5、6ヶ月〜)
離乳食を喜んで食べてくれないと、何が原因なのか、悩みますよね。
ただ、それまでおっぱいを原始反射で飲んでいた赤ちゃんにとって、離乳食の開始はお店が想像する以上に大きなハードルなのです。反射がまだ少し残っている...

続きを読む

「食べるチカラ」を楽しく育てたい。

院長の若林です。あけましておめでとうございます。今年もどうぞ宜しくお願いします
。新年1回目食育の話をさせて頂きたいと思います。
現在、お子さんの食の悩みを抱えておられるご家族が、最近けっこう多いようです。心配事の内容としては、「偏食」がいちばん多く、「食べるのに時間がかかる」、「むら食い」、「遊び食い」というお悩みが多いようです。
子供の食育や食事指導というと...

続きを読む

快適に使い続けるには調整とお掃除を忘れずに!

Q.部分入れ歯をつくってもらうのが楽しみになってきました。
入れ歯が出来てから気を付けることってありますか?
A.保険でも自費でも、快適に使い続けるには出来上がったあとの調整が欠かせません。「お口に入れてもらって終わり」ではなくて、調整を繰り返すことでより使い心地のよい入れ歯になるのです。
もちろん、毎日のお掃除もお忘れなく。 調整が終わるまでが入れ歯作りです。...

続きを読む

歯をうっすら削る『前処置』にご協力を!

•わずかなへこみと溝が安定感をアップ!  部分入れ歯には、基本的には、ブリッジに比べ「歯を削らなくてすむ」という利点があります。でも、入れ歯が動かないようにするには、支えとなる歯をほんの少しだけ削って形を調整させていただくことが必要となります。
 これを部分入れ歯を入れるための「前処置」といい、レストや小連結子が収まる場所に施されます(場合によってはクラスプが収まる場所にも)。「部分入...

続きを読む

噛める部分入れ歯に大切なこと

噛める入れ歯は「動かない」
部分入れ歯にはいろいろなパーツがあります。なかでも入れ歯を動かないようにするための立役者が、レストとクラスプ、小連結子の3つです。
クラスプは、いわゆる部分入れ歯のバネとして、よく知られていますね。目立つぶん、このバネが部分入れ歯の安定にいちばん大切と思われがちですが、じつはそうではなく、レストがもっとも重要なのです!🌟

まずはここから。部分入れ歯の構造って?

⭐️幅広く対応できる部分入れ歯 歯を失ってしまったときの選択肢は、ブリッジやインプラント、そして部分入れ歯が一般的です。 部分入れ歯は、噛む力が伝わりづらかったり、慣れるまでは使い心地に違和感があったり、種類によってはバネが目立つことがあります。 ですがその一方、対応できるケースが広く、
外科処置が不要、歯を削る量が少ないといったメリットがあります。 たとえ...

続きを読む

ウイルス感染から身を守るために❗️

新型コロナウイルスは感染していても自覚症状がないかたも多いという非常にやっかいなウイルス。有効性が明らかな自分でできる対策は何でもする!という気構えでウイルスから身を守って行きましょう! 人類の歴史は感染症との闘いだったと言っても過言ではありません。インフルエンザに対しては特効薬やワクチンという武器を生み出した人類ですが、新型コロナウイルスとは素手で闘っているのが現状です。
こういうと...

続きを読む

1 2 3 4 5 6 7 16

最近の投稿

月別アーカイブ