わかばやし歯科医院

電話する WEB予約(初診のみ)

予防の仕方を教えてもらえる

歯磨きだって正しいフォームがある

歯磨きなんて、教えてもらわなくても大丈夫です。そう考える方もいらっしゃるかもしれないですね。ですが意外と奥が深いのが歯磨きです。人によって歯並びは千差万別、あごの大きさ、歯の重なり具合も違いますし、手先の器用さ、磨く時の癖、力の入れ具合も異なります。利に出来る側の歯の頬側に磨き残しが多かったり、奥歯の裏側にブラシが届いていなかったり。力が入りますすぎて歯茎を傷めてしまっている事もあります。野球やゴルフのスイングのように、歯磨きにも正しいフォームがあります。それも、その人その人に合った適切なフォームが。歯医者さんでお口を診てもらって、歯科衛生士さんからあなたにあった歯の磨き方を受けましょう。一回教わってそれきりではなく、定期的にフォームが崩れていないか見守ってもらうのも大事です。

歯間掃除、まめにしてますか?

歯磨きも同じか、いやそれ以上に重要といえるのが歯と歯の間のお掃除です。毎日のケアに、フロスや歯間ブラシを取り入れていらっしゃるでしょうか?フロスや歯間ブラシは歯ブラシよりも使用難度は高めです。誤った使い方をすると、歯や歯茎を傷つけてしまいます。歯ブラシと同じく、こちらも適切な使い方を歯科衛生士さんに指導してもらい、その後も定期的に見守ってもらうのが安心です。糖尿病からはじまり、認知症、感染症、寝たきりになるリスクとの関連から、お口の健康が体の健康の入り口である事をお話させていただきました。お口の健康は、自分の力だけでは維持しにくいものです。歯医者さんというプロフェッショナルの力を借りて、健康で長生きを実現させましょう!

最近の投稿

月別アーカイブ