わかばやし歯科医院

電話する WEB予約(初診のみ)

えっ、歯の根元にむし歯が?!

歯ぐきが下がって露出した歯の根にできるむし歯。
これがいま、多くのシニア世代のお口で問題となっているのです。

Q ひさしぶりに歯医者さんに行ったら、歯ぐきが下がったところにむし歯ができていました。こんなところにむし歯ができるなんて想像もしませんでした……。

A むし歯というと歯の噛むところにできると思われがちですが、歯ぐきが下がり、露出した歯の根にできるむし歯もあります。「根面う蝕」と呼ばれ、いま多くの患者さんを悩ませているのですよ。

⚫︎歯に訪れる、意外な危機

新築のマイホーム。毎日欠かさず自分でお手入れをして、大事に大事にしてきました。おかげで築50年近くたったいまも、傷んだ部分はなくピカピカです。でもそのマイホーム思わぬ危機が。なんと土台が気づかぬうちにシロアリに食い荒らされていて、このままだと倒壊しそうなのです。
これと同じようなことが近年、50代以上のシニア世代のかたのお口に見られるようになってきています。歯の噛むところ(歯冠)はむし歯になっていなくても、知らないうちに歯の土台=歯の根がむし歯になり、歯に倒壊の危機が訪れているのです。
歯周病や加齢などにより、歯ぐきが下がって露出した歯の根にできるむし歯を、「根面う蝕」(根面のむし歯)といいます。最近の疫学調査では、70代の65%、80代の70%がなっているといわれるほど増加しています。
歯の根面にできるむし歯は、せっかく残せていた歯を失いかねない怖い病気です。しかも、歯の噛むところにできるむし歯とくらべて非常に厄介です。自覚症状がほとんどなく、患者さんが気づかないうちに進行しやすいうえ、むし歯ができる場所が場所だけに治療もしづらいため、歯科も対応に苦慮しています。
今月の特集では、いまシニア世代のお口をむしばんでいるこの新たなむし歯について、詳しく説明しましょう。

最近の投稿

月別アーカイブ