わかばやし歯科医院

電話する WEB予約(初診のみ)

歯医者さんがあなたのもとへ。

医科の往診は昔から知られていますが、歯科も訪問診療を、行っているんです。通院がこんな方は、ぜひご相談ください。

通えなくなった患者さんの元へ。

厚生労働省によれば、要介護(要支援)認定を受けている方は数は、2019年3月時点で658万人。75歳以上の後期高齢者の増加とともに、2014年には950万人を超えると予測されています。ですが一方、歯科受信率は75〜79歳をピークにその後急速に減少。虫歯や歯周病、入れ歯のトラブルなど、お口は問題を抱えてかかるのに適切な歯科治療を受けることができないままの方が数百万人いると考えられます。

「うちのおじいちゃん、おばあちゃんが入れ歯の調子が悪くて痛そうにしている」「唇がガサガサでつらそう」「飲み込みにくくて食べるのに苦労している」「お口が臭う」でも、歯医者さんに、連れて行くのはとても大変。

そうしたお悩みをお持ちのかた、いらっしゃいませんか?どうにかしなきゃと思いながらも、食事や着替え、お風呂、トイレなど体のお世話で忙しく、お口の中まで手が回らないことも多いでしょう。

そんなときはぜひ歯科に頼ってください。通院が困難な方のために、お医者さんだけでなく、歯科も訪問診療を行なっているのです。とはいえ、一度も利用したことがない医療サービスというのは、最初は敷居が高いものですよね。そこで今回は訪問診療に関するよくある質問にお答えしましょう。

Q:高齢者施設で暮らしているけど、きてもらえる?

特別養護老人ホームや介護老人保健施設に入所している方も訪問診療を利用できます。施設ごとに協力歯科医院が登録されていますので、施設のスタッフにご相談ください。

Q:どれくらいの歯科が実施はしているの?

外来患者さんの診療に専念しているところも多いため、すべての歯科医院が実施しているわけではありません。全国に約6万8000軒ある歯科医院のうち、訪問診療の実績がある約1万3000軒です。

Q:どういった人が利用できるの?

歯科医院への「通院が困難なかた」が対象です。病気や体力の低下、認知症などで介護を受けている高齢の方に限らず、障害をお持ちで通院が困難な方も対象となります。

最近の投稿

月別アーカイブ