わかばやし歯科医院

電話する WEB予約(初診のみ)

歯周病の治療と予防でスローブレインエイジング‼︎

こんにちは‼︎院長の若林です。今回は歯周病の治療と老化に関してのお話をさせて頂きたいと思います。
まず初めに歯周病は痛みの出にくい病気です。気づかぬうちに進行していることが多いです💦認知症を防ぐ為に歯科で歯周病の治療と予防を受けましょう👍
さてさっそくですが、みなさん歯周病の治療や予防メインテナンスを受けていますか?歯周病は痛みの出にくい病気です。歯ぐきが腫れ、歯みがきした時歯ブラシに血がついても、ほとんどの場合は痛みを感じないので、つい放置してしまう人が多いようです。歯みがきすると血が出るのに、「毎日歯みがきを続けていれば大丈夫」「殺菌剤の入った歯みがき剤を使えばよくなるだろう」と油断してはいませんか?歯周病になるとお口のなかに慢性炎症が起きます。「たかが歯の病気だ」「歯が抜けるのは老化現象だからしかたがない」などと思わないでいただきたいのです。歯周病の温床は、外側からは見えない歯周ポケットの内側にあります。歯周ポケットの奥に歯周病原因菌であるPg菌の巣であるプラークが溜まっていたはら、歯に歯石がこびりついていないかは、歯科の診察や検査をしなければわかりません。毎日にていねいな歯みがきはもちろん重要ですが、歯周ポケットの奥に溜まったPg菌の隠れ場所となるプラークや、プラークまみれの歯石は歯みがきで取り除くことはできません‼️Pg菌による炎症の被害を止め、認知症になるリスクを減らして脳の健康を守るには歯科のプロフェッショナルによる治療、そして予防メインテナンスが効果的です✨
最近口腔ケアをはじめとする炎症の軽減によって、健やかに歳を重ね、ゆるやかに老いを迎える「スローブレインエイジング」という名称が出始めています。歯周病によるお口の慢性炎症を防いで認知症を減らす事が出来れば、すでに長寿大国を実現している日本は、世界のお手数となる「健康長寿大国」になることができるのではないのでしょうか⁇
歯周病をしっかり治すために、継続的に歯科医院へ通いましょう🌟
そして、その後もよい状態を保つ為に定期的にメインテナンスを受けて下さい🤔
お口な中の慢性炎症を止め「スローブレインエイジング」をみなで実現していきましょう😁

最近の投稿

月別アーカイブ