わかばやし歯科医院

電話する WEB予約(初診のみ)

認知症の発症抑制に歯周病の予防を!

「歯周病を予防している人は認知症になりにくい」。日々の診療経験からこうした実感をもつ歯科医師は、じつは多いのかもしれませんね。「歯周病と認知症が関係している」だなんて、意外に感じるでしょうか。でも、こうした歯科医師の実感を裏付ける臨床研究は、近年つぎつぎと報告されてきました。「重度の歯周病を患う人は認知症になりやすい」「歯周病にかかっている認知症の患者さんは、認知症の症状の進行が速い」というのです。😳
さらに驚きの研究報告も発表されました。アルツハイマー型認知症で亡くなった患者さんの脳内から、歯周病にもっとも関係する「Pg菌」が発表されたというのです。🦠
長年の研究で、「アルツハイマー型認知症へのPg菌の関与」を科学的に証明することができたからです。「Pg菌が起こす炎症によって、アルツハイマー型認知症の原因物質(脳に溜まる異常なタンパク質)が体内に増えること」、それに加え「老人班アミロイドβを脳内へとPg菌が誘導していること」まで明らかになりました。
厚生労働省がホームページに掲載している資料には、今後認知症の高齢者はさらに増加し、2025年には約700万人(65歳以上人口の約20%)に達するとの推計が出ています。これはたいへんな数字です。しかし、「発症を5年
遅らせることで、アルツハイマー型認知症患者を半減できる」という推算もあり、多くの人が歯科で歯周病予防をはじめれば、もしかしたら未来を変えることができるかもしれません。🌈

最近の投稿

月別アーカイブ