わかばやし歯科医院

電話する WEB予約(初診のみ)

お口の老化はなぜ怖い?

  1. すquestion:『咳払いが増えた』『のどに食べ物が詰まる感じがする』『カラオケで高音が出なくなった』…あれ、結構当てはまります。でも、いまそんなに困っているわけてまはないので、あまり深刻な話ではないですよね?

answer:-と思うでしょうがそうしたお口の老化の兆候を放置していると、窒息や誤嚥性肺炎を起こしたり、やがてはうまく食べられなくなって寝たきりの原因となることもあります。また、ムセ自体もからだに思わぬダメージとなり得るんです。

食べられなくなるより怖いムセと窒息、誤嚥性肺炎。

お口の老化、つまりお口の機能が低下していくと、どのようなことが起こるのでしょうか。まず思い浮かぶのが、「うまく食べられなくなる」ことですよね。

実際、「食べる」という作業は、歯だけでなく、唇や頬、舌、喉のまわりの筋肉が協力して行われます。葉が残せていても、舌や喉の動き悪くなれば飲み込めなくなり、食べることが難しくなっていきます。すると栄養が十分に取れなくなり、体力が低下して病気や怪我をしやすくなるので、寝たきりになる原因となります。

ですが、それよりも怖いのがムセや窒息、誤嚥性肺炎です。お口の機能が低下すると、これらのリスクが非常に高まるのです。

「ムセはたしかに苦しいけど、何が怖いの?」と思われるかもしれませんね。しかし、気管に入った異物を吐き戻すムセという行為は、体にとても負担をかけます。若いうちは何ともなくとも、お年を召した方には思わぬダメージとなりかねません。

また、ムセができているうちはいいのですが、お口の機能の低下が進むとムセで吐き戻す力が弱くなり、窒息の危険性が高まります。

誤嚥性肺炎は、唾液に含まれる細菌が誤って肺に入って増殖し、炎症を引き起こす病気です。毎年、多くの方の命を奪っているのは、みなさんもご存知でしょう。

最近の投稿

月別アーカイブ