わかばやし歯科医院

電話アイコン電話する アクセス

「痛みがないからいいか」はキケンです。

人工物であるインプラントも、ご自分の歯と同じように定期的なメインテナンスが必須です。でも、入れてから何年かたつと、通わなくなってしまう患者さんもいるようで…。

長持ちさせるお約束事、確認しましょう。
失った歯にインプラント治療を受けたあなた、その後も歯科医院への定期受診を続けていらっしゃるでしょうか。歯科ではインプラント治療を行う際に、治療後もメインテナンス(定期検診)に欠かさず通っていただくようにご説明しています。ですが、何年かたつうちに、「痛みがないから」「違和感がないから」と段々と足が向かなくなってしまう方も、残念ながら少なくないのです。
インプラントは噛むところから歯の根に当たる部分まで、完全なる人工物。ですのでインプラント自体は細菌に強いです。しかし、インプラントが埋まっているまわりの歯茎は別で、天然歯と同じように、歯周病(インプラント周囲炎)になるおそれがあります。また、噛む力を受け止めるうちに、ネジがゆるんだり人工歯が欠けたり、インプラント自体がダメージを受けている事もあります。
患者さんが異常を感じてから歯科へ来ていただいても、対応が難しい事が多く、悪くすればインプラントが抜けてしまう事にもなりかねません。健康のためにせっかくお金をかけて入れたインプラント。長持ちさせるための約束事を、改めてお話しさせて下さい。

最近の投稿

月別アーカイブ