わかばやし歯科医院

電話アイコン電話する アクセス

脱灰でエナメル質はどうなる?

脱灰とは、細菌のつくる酸などにより、
「歯の成分が唾液中に溶け出してしまうこと」をいいます。

溶け出した歯の成分は、ふつうは唾液の作用により時間をかけて歯の中に戻っていく(=再石灰化)のですが、そのスピードはゆっくり。

溶け出す量(=脱灰)の方が多い状態が続くと、修復が間に合わず、やがては穴の開いた虫歯になります。

最近の投稿

月別アーカイブ