わかばやし歯科医院

電話アイコン電話する アクセス

快適に使い続けるには調整とお掃除を忘れずに!

Q.部分入れ歯をつくってもらうのが楽しみになってきました。
入れ歯が出来てから気を付けることってありますか?
A.保険でも自費でも、快適に使い続けるには出来上がったあとの調整が欠かせません。「お口に入れてもらって終わり」ではなくて、調整を繰り返すことでより使い心地のよい入れ歯になるのです。
もちろん、毎日のお掃除もお忘れなく。

調整が終わるまでが入れ歯作りです。
部分入れ歯が出来上がってお口に入ると、「これで一安心」と思われることでしょう。ですが、入れ歯はまだ完成した訳ではありません。
入れ歯が本当の意味でお口にピタリと収まるようにするには、その後の調整が欠かせないのです。
元々入れ歯は患者さんのお口を精巧に型取りして作られますが、それはあくまで静止した状態のお口。食べたりしゃべったり、実際に使った時に入れ歯がどう機能するかを確認して、調整をする必要があるのです。
調整のためには、2~3回ほど歯科医院に通って頂きます。
調整が終わったあとは、特に痛みや不便を感じなくても定期的にメンテナンスに通いましょう。クラスプが歪んでいないか、義歯床にヒビが入っていないか、残った歯(特に部分入れ歯の支えとなっている歯)に問題が起きていないかなどを、総合的にチェックしてもらえます。
また毎日の部分入れ歯のお掃除もお忘れなきよう。汚れが溜まりやすい入れ歯の裏側や、留め金も磨きます。入れ歯用ブラシで物理的にクラークを洗浄します。(洗浄剤選びに迷ったら歯科にご相談を)。もちろん、今あるご自分の歯もしっかり磨きましょうね。
出来上がった後の調整と、メンテナンスのための定期検診。そして毎日のお掃除。それが部分入れ歯を快適に使い続ける秘訣です。

最近の投稿

月別アーカイブ