わかばやし歯科医院

電話アイコン電話する アクセス

まずはここから。部分入れ歯の構造って?

⭐️幅広く対応できる部分入れ歯

歯を失ってしまったときの選択肢は、ブリッジやインプラント、そして部分入れ歯が一般的です。

部分入れ歯は、噛む力が伝わりづらかったり、慣れるまでは使い心地に違和感があったり、種類によってはバネが目立つことがあります。

ですがその一方、対応できるケースが広く、
外科処置が不要、歯を削る量が少ないといったメリットがあります。

たとえばブリッジは、その構造上、ダミーの人工歯を支える両隣の歯を大きく削ります。
また、体調的に外科手術に不安がある方には、インプラントは難しいでしょう。
そんなときに柔軟に対応できるのが、部分入れ歯の利点と言えます。

部分入れ歯のここが良い!
・治療の適応範囲が広い。
・歯を削る量が少ない。
・外科処置が必要ない。
・取り外しして掃除できる。

部分入れ歯のここに注意!
・噛む力がやや劣る。
・慣れるまでに違和感がある。
・支えとなる歯や歯茎に負担がかかることも。
・種類によってはバネが目立つ。

最近の投稿

月別アーカイブ