わかばやし歯科医院

電話アイコン電話する アクセス

顎関節のなかで炎症が起きている⦅ねんざタイプ⦆

腕や脚の関節を傷めたときのように、
顎関節の内部を傷めてしまうのがねんざタイプです。

症状…口を開けた時に痛みがある
   ⦅我慢すれば口は開けられる⦆

どこに何が起きている?
⚫︎顎関節の中に炎症が起きています
⚫︎炎症の程度は痛さと比例します。
安静にしているときには痛みが出ず、
関節の負担がかかるほど痛みは大きくなります。
⚫︎筋肉や関節の触診、あごの動きの検査、
レントゲン検査などで診断します。

主にどんな治療をするの?
⦅自分でのケア⦆
⚫︎関節の安静
炎症を抑えるために、できるだけ関節を休ませます。
「痛い!」と思うあごの動きは避けましょう。

⚫︎開口ストレッチ
痛みが引いたら、徐々に開口ストレッチを行い、
かたまった関節が動くようにします。

⚫︎生活習慣の見直し

⦅歯科での治療⦆
⚫︎飲み薬の服用
痛みをやわらげる鎮痛剤を飲んでもらいます。

⚫︎マウスピースの装着
患者さんによっては、関節への負担を軽減するために
マウスピースを装着してもらいます。

⚫︎注射治療
炎症が重度の場合、関節のなかに生理食塩水などを注射して還流させて、内部を洗浄します。
炎症を抑える薬も注射します。

⚫︎内視鏡手術
さらに重度の場合、内視鏡を用いて
関節の内部の手術をすることもあります。

最近の投稿

月別アーカイブ