わかばやし歯科医院

電話する WEB予約(初診のみ)

赤ちゃんのためにも歯科検診を受けましょう!

妊娠は女性にとってお口の健康の曲がり角です。この時期に歯科にかかって改善しておけば、大抵は歯科指導や小さな処置で事なきを得られます。 ところが多くの方が、お腹の赤ちゃんを気遣うあまり必要な受診を避け、お口の悩みをついそのままにしてしまいます。
しかも、出産後は子育ての忙しさで自分の事は後回しに後回しに。 気づいたときには大掛かりな治療が必要になるほど悪化しているケースが後を絶ちません。😰

出産を機に家庭に入る方は、職場で検診の機会が減るため、虫歯や歯周病が進行していることに気づかないまま過ごしてしまいやすいのです。😱

歯科検診で自分のお口の中の状態を知り、プロのアドバイスで口腔環境を効率よく改善したり、大ごとにならないよう小さな処置でトラブルを止めて、お口の健康を長く保っていただきたいと思っているからです。
その際、もう一つ忘れてはならないことがあります。
それは、「妊婦さんのお口の健康は、自分のためだけではない」ということ。
妊婦さんのお口の健康は、「お腹の赤ちゃんの育ちや、将来のお口の健康に直接的、間接的に影響する」のです。歯周病の炎症は、お腹の赤ちゃんの成長に影響し、早産にも関わります。
また、お母さんのお口に虫歯菌がたくさんいると、産まれてきた赤ちゃんのお口に虫歯菌がうつりやすく、お子さんの生涯の虫歯のリスクを決定づけてしまいます。

母子健康手帳をもらったら、ぜひ妊婦歯科検診を受けましょう!🤰👶

最近の投稿

月別アーカイブ