わかばやし歯科医院

電話アイコン電話する アクセス

根面う蝕って何ですか?

こんにちわ。院長の若林です。さて、今回は高齢者の方を中心に今大人に増えている「根面う蝕」(根面のむし歯)のお話です。 最近よく検診の際に高齢者の患者様から「最近年のせいか歯茎が下がって今まで見えてなかった根元が見えるようになってきたのよ。これって大丈夫かしら?」との質問を受ける事があります。
歯は大別して、ものを噛む部分である「歯冠部」と歯を支える「歯根部」から構成されています...

続きを読む

早期に気づいて酸蝕症をSTOP!

「からだによいから」と続けている習慣で歯を痛めていませんか?
生活のなかに潜んでいる酸蝕症のリスクをぜひ知って下さい👀🙌 “酸蝕症のリスクを高めてしまう生活習慣の具体例” スポーツ中のイオン飲料&ビタミン飲料 🚴‍♂️ →スポーツ中は唾液が乾いて自浄作用がきか
ず酸蝕症のリスク...

続きを読む

酸蝕症は現代病

私たちの歯を取り巻く酸の環境はここ数十年で様変わりしました。
季節ものだった柑橘類が一年中手に入るようになり、食卓では主菜にレモンやポン酢をかけ、デザートにオレンジやグレープフルーツが並びます。お酒も果汁たっぷりのチューハイ、ワインが大人気です🍷🍊🍋 一方おやつは、コーラ飲料や柑橘ジュースがどこでも手に入ります。私たちの歯が強い酸と出会う...

続きを読む

4人に1人が酸蝕症です。

酸蝕症とは、歯に胃酸や酸性の飲食物が「繰り返し触れる」ことで起きる病気です💦
虫歯や歯周病に続く第3の歯科疾患として注目されています! 歯はもともと、酸がとても苦手です😵
酸に触れると化学反応を起こして溶けてしまうからです。とはいえ、食べ物のほとんどが酸性🍋味噌も醤油もおだやかな酸性です。 なのに歯が溶けてなくなってしまわない...

続きを読む

腸と唾液の意外な関係!

•①腸の免疫upで唾液の質もup!!  唾液の免疫力upさせるコツ。それは以外にも、腸の免疫力を向上させることです。 腸と唾液一見無関係に思えますが、「腸管の免疫の状態と唾液腺の免疫の状態は連動する」ことが分かっています。腸管の免疫力が高まれば唾液腺の免疫力も高まります。 風邪やインフルエンザ肺炎などにもなりにくい体になります☺︎   ②食品から腸の免疫力を改善! 〜腸内免...

続きを読む

唾液の『量』を増やすコツ☝

唾液が十分に働くには、唾液の量が重要です。唾液は年齢とともに分泌されていく量が減少してしまいます。そうなれば、口の中は乾きやすくなり細菌が増殖し、口臭や歯周病を引き起こしてしまいます。口の中の状態が悪くなれば、健康にも影響を与えてしまうでしょう。では、どうしたら「唾液の量」を増やす事が出来るのでしょうか。 point1:水分をとる☕ 唾液を増やすには、何をおいても水分をとりましょう。...

続きを読む

唾液のからだへのはたらき

今月は、【唾液のパワー】についてお話をしてます。 さて、今週は『からだへのはたらき』☝ 唾液の働きはお口の中だけにとどまりません。ここでは全身への作用をご紹介します。   1.感染症を予防する 唾液に含まれる抗菌物質IgAは、最近やウィルスがからだに侵入するのを防ぐ働きをします。唾液中にIgAが多いと、風邪😷やインフルエンザなどの呼吸系疾患🤧...

続きを読む

唾液のパワー

院長の若林です。先週に続き唾液のお話、今週は唾液のお口への働きのお話です。 唾液はお口の健康を守るために24時間365日活動しています。さらに最近では全身の健康維持にも重要なことがわかってきました。
①お口を清潔に保つ
唾液には食べカスや細菌を洗い流して、お口を清潔に保つ自浄作用があります。唾液が減り、口の中が汚れやすくなると細菌が繁殖しやすくなります💦する...

続きを読む

唾液の正体

当たり前のように私たちのお口に存在する唾液。じつは意外な素顔を持っているんです。 Point1. 血液からつくられます💉 水分を摂取すると骨髄で血液がつくられ、その血液が唾液腺にて唾液へと作り変えられます。 Point2. 1日に1〜1.5リットルつくられ
ます💧 1日のうちでも唾液の出る量は変化していて
とくに就寝時に低下します。

セミナー

こんばんは
今日はセミナーを受けるため、東京へ行って参りました🗼
今回はTBI(歯磨き指導)について学びました🤓
セミナーは本当に学ぶことが多いです
他の歯科医院で働いていらっしゃる方との交流もあり、一生勉強だなとしみじみ感じた1日でした🌼 ...

続きを読む

1 6 7 8 9 10 11

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ