わかばやし歯科医院

電話アイコン電話する アクセス

敵は歯と歯のあいだ、そして歯の根元まわりにあり。

どんなに上手にみがけてるという方でも、歯ブラシだけでは磨ききれない場所があるのです。
歯磨きは1日2回、いや3回以上している方も増えてきました。ですが、でんたるふろすや歯間ブラシを日常的に利用している方は少数派。厚生労働省やライオンの調査によれば3割程度です。
しかし、どんなに丁寧に上手に歯磨きが出来てる方でも、歯ブラシ1本でお口を清潔に保つことは不可能です!虫歯や歯周病は、歯の表面に付着したプラーク(歯垢、細菌のかたまり)が原因で起きますが、歯ブラシだけではほぼ絶対に磨ききれない場所があるのです。
そうした場所に日常的にプラークが溜まっていると、定期的に歯科医院にチェックとクリーニングに通っていたとしても、そこから虫歯や歯周病になってしまいます。
歯ブラシの通らない「コンタクトポイント」
歯ブラシでは磨ききれない場所の1つ目は、歯と歯の接するコンタクトポイント。2本の歯がピッタリくっついて生えているとき、歯がぶつかっているところです。
この隙間には歯ブラシの毛先は物理的に入りません。しかしそれでも大きさ数マイクロメートルの細菌は入り込み、プラークを形成し酸を出して、虫歯のもとになります。ここに溜まったプラークは、フロスでないと取り除けません。
歯ブラシが当たりにくい「歯の根元まわり」
2つ目は、歯が隣り合ったところの歯の根元まわり。
上の歯でも下の歯でも、根元まわりには歯ブラシが当たりにくく、溜まったプラークはやがて時間とともに病原性を増し、歯周病の原因となります。特に歯の裏側の場合、表側よりもいっそう歯ブラシが届きにくいです。
ここに溜まったプラークを取り除くには、フロスや歯間ブラシを根元まわりに沿うように当ててから磨く必要があります。
使い方や歯間ブラシのサイズなど分からない事がありましたら、いつでも聞いて下さいね🍀

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ