わかばやし歯科医院

電話アイコン電話する アクセス

口内炎とはどう違う?

口内炎がかならず口腔がんになるわけではありません。ですが、口内炎になりやすい場所は要注意な場所でもあります。

口内炎のうち、細胞の増殖に異常がおきて、ごくまれにがんになる潜在能力を有したものが口腔がんになる可能性があるのです。くわえて、

潜在能力を持った口内炎ががんになるには、必ず「前がん病変」を経由します。そして口内炎が前がん病変を経てがんになるには、5年以上の長い年月がかかります。前がん病変もかならずがんになるわけではなく、そのまま状態が変わらないこともあります。

とはいえ、繰り返し口内炎になる場所では、絶えず細胞の増殖と修復が行われていますので、細胞の異常が起きる可能性が高まります。口内炎のできるようなお口の環境を放置するのはよくありません。

 

 

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ