わかばやし歯科医院

電話アイコン電話する アクセス

歯周病になると歯を支える組織はどうなる?

健康な状態の歯の周りの組織は、歯と歯茎の隙間は浅く、顎の骨も損なわれていません。

一方、歯周病がかなり進行した状態は歯の根にプラークや歯石が多量に付着し、深い歯周ポケットができています。プラークからは歯周病菌が出てきて、酸や毒素をつくって歯を支える組織を破壊しながら、歯茎の表面にくっつき体内に侵入していきます。歯周病菌が体内に侵入してくると、感染から身を守るために『免疫反応』が起こり、歯茎が腫れたり血が出たりします。

人間の体は最近の感染からカラダ本体を守るのを優先します。そのため、歯周病菌が体の奥深くに入って感染を起こさないよう、体が骨を溶かす物質やコラーゲン分解酵素を出して、自ら組織を破壊していきます。

その結果、顎の骨が溶けて無くなっていき、歯周ポケットが深くなります。

『じゃあ、顎の骨を再生させるが歯周組織再生療法なんだ!』と思うかもしれませんが、それは半分だけ正解です。歯を支えているのは、骨だけではないのです。歯の根と顎の骨の間には「歯根膜」という組織があって、これが歯の根の表面にある「セメント質」の助けを借りて、歯と骨を結びつけています。
歯根膜の中には血管や神経が入り込んでいるので、歯や骨への栄養の通り道になるほか、侵入してきた細菌への免疫反応を起こします。また歯根膜は、噛む時の力をクッションのように受け止めて分散させる、神経や筋肉の反射によって歯を守る、咀嚼を助けるなどの働きもあります。

ですから、歯の寿命には歯根膜の存在が重要です。再生療法は顎の骨だけでなく、歯根膜とそれが歯の根に付着するのを助けるセメント質の再生も目的としているのです。

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ