わかばやし歯科医院

電話アイコン電話する アクセス

良質な治療を支えています。

仮歯は、噛む力が歯にかからないほうがよいときには使わないこともあり、治療の段階によってもその重要性や意味合いに違いがあります。

ただ、仮歯を使っている以上は、やはり必要があって入れているので、もし仮歯が取れてしまったら、すぐ歯科医院に連絡をしてください📞

なぜそんなに仮歯が大事なのか、そのわけをご説明しましょう✨

仮歯は大きく分けて3つの役割を担っています。

①削った歯を細菌感染や刺激から守る。

削った歯は傷口と同じ。包帯のような役割です。

②歯型を取ったあとに歯が動かないよう固定する。

歯を放っておくと自然に動きます。

出来上がった被せ物が入らなくならないよう固定します。

③「噛める状態」を維持する。

治療中も噛んで食べられるようにします。

しばらく噛まずにいると食感のセンサー『歯根膜』が怠けます。

そこへ被せ物が入り急に噛めるようになると、過剰反応し「被せ物が高い!」と感じてしまうのです。

そこで本番に備え、仮歯を使い噛むことに慣らしておきます。

 

以上が仮歯の役割になります✨

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ