わかばやし歯科医院

電話アイコン電話する アクセス

歯をケガしたら?万が一に備えよう❗選手同士がぶつかったり、転んだ拍子に歯をケガしたらどうすれば良い?とっさに適切な行動がとれるよう、普段から対処法を知っておきましょう。

歯が抜け落ちてしまったとき、歯の再植のためにもっとも重要なのは「時間」です。数十分以内に再植できると根付きやすいといわれています。(損傷の具合によっては、最良の治療を行っても根付かずに歯が失われる場合もあります。)とはいえ、事故が起きたときにまず優先すべきは、本人の状態の確認です。お口をケガした場合、頭部を強くぶつけているため、脳震盪を起こしていることもあるからです。意識がある場合、頭痛、吐き気、ふらつきやめまい、ボーッとするなどの異常がないか必ず確認してください。脳震盪が疑われる場合はそっとして揺らさないようにし、まず病院の検査を受けます。病院に行くあいだ、抜けた歯は乾かないように救急保存液(それが無い場合は新鮮な牛乳)に漬けて保存しておきましょう。大丈夫だと確認できたら、なるべく早く歯科を受診してください。専用の保存液は、歯を再び根付く可能性のある状態に24時間保存する効果があると確認されています。

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ