わかばやし歯科医院

電話アイコン電話する アクセス

初期虫歯はどんなふうにできる??

①プラークの付着
虫歯は歯の表面に細菌の塊であるプラークが付着する
ることではじまります。
細菌が飲食物に含まれる糖を分解して酸をつくり、
プラーク内に酸が充満します。

②歯の成分が溶けだす
酸性になったプラークと接したエナメル質の結晶の
表面から、歯の成分が唾液中に溶けだします。
この時脱灰と並行して、唾液の作用により、溶けだし
た成分が歯に戻って行く再石灰化も繰り返し起こりま
す。

③初期虫歯
脱灰のスピードが再石灰化のスピードを上回る期間が
長く続くと、歯の成分がどんどん抜けていき、結晶内
に気泡のようにスカスカの部分がでてきます。これが
初期虫歯です。

④穴の空いた虫歯
脱灰が再石灰化のスピードを上回る期間がさらに続く
と歯の結晶の中身が完全にスカスカになり、やがて、
表面が崩れ落ちて穴の開いた虫歯に。
進行すると歯の内部の象牙質や歯の神経へと虫歯が、
及び痛みを感じるようになります。

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ