わかばやし歯科医院

電話アイコン電話する アクセス

マイクロスコープとは

マイクロスコープとは、歯を拡大してみることの出来る実体顕微鏡のことです。 口腔内は暗くて狭く、肉眼で認識して治療するには限界があります。肉眼で見えない部分の虫歯治療では、経験による推測で治療を判断する場合もあるほどです。これを克服した新たな歯科医療機器が、マイクロスコープです。

マイクロスコープからは光が照射されるため、これまで暗くて見えづらかった歯の細部にわたり、4~20倍の高倍率で確認できます。推測ではなく確実に患部を治療できるこの機器は、歯科医療にとって革命的な影響を与えました。虫歯治療の際、健康な歯まで余計に削り取ってしまうこともなくなりました。

また、マイクロスコープで見た映像をモニターに写して患者さんに見てもらうこともできるので、患者さんへのコンサルテーションにも大きな威力を発揮します。

マイクロスコープ メリット

治療の正確性

マイクロスコープのない治療では、見えない部分は、経験や勘に頼らざるをえませんでした。しかしマイクロスコープの導入後は、経験からの推測で治療することなく、拡大され、光に照らされた患部を肉眼で見ることができるため、迅速で正確な判断ができます。迷いやミスがない治療を実現できるため、患者様に的確な治療を行えます。

精密度の向上

マイクロスコープによる視界は50ミクロンを狂いなく見分けることができる領域。これまで見ることのできなかった根管の内部や虫歯の兆候なども識別できるため、見逃しによる再発・再治療を防ぎ、今まで以上に良好な経過を得ることができます。

お茶は飲みすぎると利尿作用が強すぎて、だ液が減ってしまうので注意が必要です。
また、口の中で絶えず舌を動かすことも大事です。
普段の口の閉じ方を少し変えるだけでも、だ液の分泌が促されます。

医師の疲労軽減

マイクロスコープは、無理な姿勢で口腔内を覗き込むような作業がなくなるため、肉体的な疲労も眼精疲労もなくなりました。 いつまでも最高のコンディションで治療をすることができますので、すべての患者様に対して常に最適なコンディションで治療に臨むことができます。