わかばやし歯科医院

電話アイコン電話する アクセス

審美歯科

健康で美しい口元に

審美歯科とは、単に見た目の美しさだけでなく、歯茎との調和や咬み合わせを考慮した、機能性をも重視した治療です。

歯の形やバランスを整えると、必然的に見た目も改善されるものです。
つまり、よく噛める=キレイな口元といっても過言ではないのです。

わかばやし歯科医院では、様々な理由から笑顔に自信が持てなかった方に、より素敵な人生を送っていただくためのお手伝いをいたします。

口元のコンプレックスを解消

一人ひとりのご要望にお応えします。

わかばやし歯科医院では、「保険適用の詰め物や被せ物よりも見た目や機能性を重視したい!」という方はもちろん、金属アレルギーなどをお持ちの方もご安心いただけるよう、被せ物や詰め物の材料を種類豊富にご用意しております。

また、歯茎の黒ずみ、笑った時に歯茎が見えすぎる、前歯の長さが左右で違って見えるなどの悩みを抱える方には、歯茎に専用の薬剤を塗って美しくしたり、不揃いな歯茎のラインをきれいに整える歯肉整形を行います。

お口の状態から、ご希望の治療が行えない可能性もあります。
ご要望を伺った上で精密な検査と診断を行いますので、まずはご相談ください。

ポーセレンインレーとも呼ばれ、100%セラミック(陶器)により歯の形に作り上げた詰め物です。
陶器のため、年数がたっても水分などを吸収せず変色にも強いため、きれいな状態を持続することができます。

メリット

  • 透明感が高いため、セット後は装着する歯(支台歯)の色を反映し、より自然な色を再現できる
  • 唾液の吸収がないため口臭の心配がない
  • 変色の心配がない
  • 天然歯と見分けがつかない

デメリット

  • 金属のインレーに比べると耐久性はやや劣る場合がある
  • 素材は強固だが逆に粘り強さがないため、セット中や咬合調整中に欠ける事がある(セメント固定後の強度は高い)

メタルボンド冠とは中身は金属で、外から見える部分にのみセラミック(陶器)を貼り付けたクラウン(被せ物、差し歯)です。

見た目がよく変色せず、強度も強いので非常によく使用されます。さらに、中の金属に貴金属を使用することで、金属が溶け出すことによる歯ぐきの変色、金属アレルギーなどが起こる可能性を低くすることも出来ます。

メリット

  • 歯の色調に似ているので見た目が良い
  • 内面に金属を使用しているためたいへん丈夫で割れにくく、ほとんどの部位に使用できる
  • 強度があるため、咬む力の強い患者様でもある程度使用可能

デメリット

  • 歯の裏側からは金属が見える
  • 色調はオールセラミッククラウンに劣る
  • 金属を使用しているため、歯茎や歯と歯茎の境目が変色してくる場合がある
  • 元の歯や咬み合わせの状態によっては、自然な歯の透明感が思うように出ないことがある

ジルコニアオールセラミックスとは、通常のオールセラミックスクラウンの内側にジルコニアを使用しものです。

従来のセラミッククラウンよりも強度が高くなり、奥歯や複数歯の連結されたブリッジなどにも使用範囲が大幅に広まりました。ジルコニアは腐食にも強く、生体親和性が高いので、医療分野でも広く使われ、歯科治療における審美性の高い素材としても注目を集めています。

メリット

  • 通常のオールセラミックより透明度が高い
  • よって歯ぐきも明るく見える
  • 金属よりも硬く丈夫(曲げ強度が高いので割れにくい)
  • 金属アレルギーが起こらない
  • 自然な噛みごこちで軽い(金の1/3の軽さ)
  • 変色のない材料である
  • 通常のセラミック処置より歯を削らずにすむ場合ある
  • 奥歯でも使用が可能である(咬む力が強い方でもOK)

デメリット

  • とても硬いので、セット後に問題が生じた場合除去が困難
  • CAD/CAMという技術で削りだすので複雑な形態は無理
  • 接着をあげる場合、専用のセメントを使用しないといけない
  • 外側は通常の陶材(セラミック)なので、外側が割れる場合がある

料金表はこちら

歯の黄ばみの原因


歯の黄ばみの原因は「着色」と「変色」です。

歯の黄ばみの原因は、二つのタイプに分けられます。「着色」と「変色」です。

歯のつくりは、表面から、透明な“エナメル質”、黄みがかった“象牙質”、歯の神経である“歯髄”でできていて、外から見ているのは“エナメル質”です。
しかし、“エナメル質”は透明なので、その内側の“象牙質”が透けて見えます。
これがその人の持つ歯の色です。

着色

着色とは、“エナメル質”の外側に汚れが付着することによって色がつくことです。よく「ステイン」ということばを耳にすると思いますが、歯の表面の付着汚れをこう呼んでいます。

「ステイン」の原因として、コーヒー、紅茶、赤ワイン、烏龍茶、カレー、チョコレートなどがよく知られていますが、色の濃い食べ物(緑黄色野菜や濃い着色料等)も原因となります。
着色を防ぐには、食後すぐに歯磨きをすることです。

変色

変色とは、“象牙質”の色が変化することです。生まれつき黄色みの濃い人がいますが、これも外から見れば黄ばみに見えるでしょう。この他に、変色の原因については、2つの要素が考えられます。

ひとつは、加齢によるものです。加齢により“象牙質”の色が濃くなっていきますが、同時に表面の“エナメル質”もすり減って薄くなってくるので、余計に黄色く見せてしまいます。
もうひとつは、抗生物質「テトラサイクリン」によるものです。これは、本人が幼少時代に長期間摂取していると、この薬の影響で“象牙質”が変色してしまうというものです。本人が胎児のときに母親が摂取した場合にも起こる場合があります。
変色の場合は、歯の内側で起こっているものなので、日常の歯磨きや歯表面のクリーニングでは落とすことはできません。

ホワイトニングについて


明るい口元が、明るく楽しい生活をサポート

歯のクリーニングでも表面の汚れを落とすことはできますが、ホワイトニングを行うことで内部に沈着している色素まで漂白することができ、より白さを得ることができます。

種類

一般的に「ホームホワイトニング」と「オフィスホワイトニング」の2種類の方法があります。

ホームホワイトニング

歯科医師の指導のもと、患者様自身が自宅で行うホワイトニングです。
歯型に合わせたマウスピースを作り、そのマウスピースにジェルを入れて、
毎日、2時間程、数週間かけてジェルが歯に浸透して歯をゆっくり白くする方法です。

時間と手間がかかりますが、その分、白い歯を長く保ち、後戻りしにくいことが特徴です。

料金:片顎10000円(税別)

オフィスホワイトニング

歯科医院で行うホワイトニングのことです。
「ホームホワイトニング」に比べ、色の後戻りが起こりやすくなりますが、短時間で即効性があります。
結婚式を控えている方など、お急ぎの方に向いています。

当院では、先ずホワイトニングをより身近に感じてもらうために、オフィスホワイトニング1歯500円(税別)で行っています。
是非一度お試しください。