わかばやし歯科医院

電話アイコン電話する アクセス

衛生管理の取り組みについて Column.01衛生管理の取り組みについて

ディスポーザブルの手袋

病気の方の血液やだ液・歯の削りかすなどは、様々な機械や器具を介して感染症を引き起こす可能性があります。これは、かねてより様々なメディアで取り上げられ、一般の方にも徐々に知られるようになってきました。この感染症の中には、エイズやB型肝炎・C型肝炎などの恐ろしい病気があります。

しかし、しっかりとした対策をしている歯科医院では、院内感染はまったく恐くはありません。

例えば、治療が始まると必ず出てくる「ピンセット」や「ミラー」の完全滅菌、患者様が直接ふれるコップやエプロンは必ず使い捨て、スタッフが使用するグローブ(手袋)は患者様毎に使い捨てをしています。

ここまでは当然のことと思います。
当院では、さらに機器の滅菌やパッキングなども行い、より高いレベルの衛生管理を行っています。

衛生管理は歯科医師としてのモラルだと信じています。また、高いレベルの衛生管理により患者様に安心してわかばやし歯科医院に来院いただきたいと願っているからです。

感染対策のご紹介 感染対策のご紹介

使い捨て器具の使用

使い捨て可能のものは全て使い捨てにしています。
患者様が直接ふれるコップやエプロン。スタッフが使用するグローブ、バットは患者様ごとに必ず交換しています。

治療器具は毎回清掃と滅菌処理を行います

滅菌とは、すべての細菌を死滅させることと言います。
使用する器具は、器材に合わせて滅菌処理を行い個別管理します。

個々に滅菌パックを行い、滅菌庫に保管します

歯を削る器具(タービン・ハンドピース)や診療に使う器具は個別に滅菌パックを行い、滅菌庫に保管します。
保管した器具は、診療の直前にパックを開封して使用します。

滅菌機器のご紹介 滅菌機器のご紹介

当院の滅菌・減菌システム
▲写真:ハンドピース注油器(Lubrina)/高圧蒸気滅菌器(EX ClaveⅡ)

ハンドピース注油器(Lubrina)

切削器具のタービンやハンドピースを滅菌する前に、確実な注油・洗浄を行います。タービンやハンドピースは歯を削った際に内部に小さな破片が入り込みます。その為使用後は外部だけでなく内部の洗浄も必要になります。Lubrinaを使用することにより手動よりも確実に注油・洗浄を行えます。

高圧蒸気滅菌器(EX ClaveⅡ)

患者様ごとに切削器具のタービンやハンドピースの滅菌を行うため、小型の高圧蒸気滅菌器を採用しています。これにより、短時間かつ確実に滅菌ができようになります。