わかばやし歯科医院

電話アイコン電話する アクセス

からだによくても歯には…。どうする?スポーツドリンク

運動中の水分とエネルギーの補給くな推奨されている🏃‍♂️スポーツドリンク。これに含まれる糖と酸は虫歯と酸蝕症の、リスク⚠️に。賢く付き合いましょう!

スポーツドリンクは、運動中に失われる水分、ミネラル、エネルギー💪を素早く補給できる飲料として、今やアスリートにとって必要不可欠になっています。トップアスリートになるほど、その濃度と温度、飲む量、飲むタイミングの管理は非常に重要で、最高🌟 のパフォーマンスを発揮するための必須アイテムです。

ただし、歯科の立場から言わせていただくと、スポーツドリンクは🦷の健康にとってはリスクをはらむ飲み物だと言わざる得ません。なぜなら、エネルギー補給のために糖分が入っているからです。これを繰り返し飲むと、お口の中の虫歯菌😈にほのたびにエサをやることにぬり、虫歯リスクがグンと上がってしまいます。

もうひとつ問題なのが、スポーツドリンクに含まれる酸。🦷が酸に触れると化学反応を起こして溶けるからです。市販のスポーツドリンクはPH3.5前後のものが多く、これはミカンなどと同程度。意外と酸が強いことがわかります。

スポーツドリンクを練習中に繰り返し飲むことによって、🦷は酸に頻繁にふれ、なおかつ口の中が乾いて唾液で洗い流されないとために、お口の酸が長くとどまって🦷を溶かしてしまうのです。

そこで私からは、部活やランニング、ジムでのトレーニングなどの普段の練習には、スポーツドリンクの他に水やお茶も取り入れることをお勧めしたいと思います。特に、小・中学生の場合、生えたての永久歯はまだ柔らかく、酸に弱いので指導者や保護者の方に、ぜひご留意いただきたいです。

スポーツドリンクを飲むときは水も用意しておき、飲んだ後に水を少量含んで、お口の中に行き渡らせるようにして飲むと良いでしょう。酸の影響を減らせる上、糖でお口が粘つかないので気持ちよく練習に臨めると思います。水を飲むと体が重くなるという方も中にはおられますが、少量飲む分には、それほどの影響はないのではないでしょうか。

スポーツドリンクについて、バレーボールの日本代表選手の認識はどうかなとインタビューしてみたところ、「飲みすぎないように気をつけている」「水も飲んでいる」「フッ素の入った歯磨き剤を使っている」という選手が多く、さすがアスリートは違うなと感心しました。ぜひみなさんも、🦷への影響に注意しつつ、スポーツドリンクを運動中の体調管理に役立てていただきたいと思います。

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ